チューコーフロー フッ素樹脂(テフロンPTFE製)粘着テープ ASF110FR-18X200 42d74vxdz8475-テープ

チューコーフロー フッ素樹脂(テフロンPTFE製)粘着テープ ASF110FR-18X200
「hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017」告知ビジュアルボルテックスミキサー MI02佐川急便で発送します【平日15時まで当日発送】パトライト(PATLITE) RT-24A-R (DC24V/赤) ラッパッパホーンスピーカ一体型マルチ電子音回転灯

この間、来たばかりの台風。

どうやら今度は、一度に
ふたつも来るんだそう。

前回より規模は小さいみたいですが
備え、しておかないとですね。

今日の2ゃんは…
早起きです。

くろねえさん
姿勢がいいですねぇ!
なんだか、ありがたい
後光が射しているようです。

あ、ごめんごめん。
朝ご飯でしたね!
しろくろさんも…
毛布の中から
飛び出してきました。

おはようございます!
あ、でも…
やっぱりまだ、もう少し
ゆっくりしてたいみたい。

とはいえ、今日は二人とも
元気がいい感じだなぁ!

別売のストレッチャー(医療用寝台:20万円)を購入すれば

ホロレンズによって在宅勤務でもできるようになるという扶桑金属工業(株) 中量ラック Cタイプ300KG GSN-C1212C4Dフロンケミカル フッ素樹脂(PTFE)スパイラルチューブ 8φ×10φ×10mNR0514-003 ▼391-6014(株)フロンケミカル
今日の、RADO四角時計
レストアです。

昨日、時計を分解したら
文字盤の汚れが、
塗装を巻き込んだ
錆であることがわかりました。

なので、削っても磨いても
元に戻すことは難しそう。

なので、今よりも見栄えを
改善する方法を検討しつつ
まずは…

ケースとベルトを
洗浄しましょうか!

超音波洗浄機に
ケースを入れるの、
今回が初めてです。

折角なので、風防と
ゴムパッキンも一緒に。
8分、洗浄したら…

いつもより、だいぶ
白く濁っていますが
底はどうなってるのか…

おわぁぁぁぁ!
こんなに汚れてたんだ…!

見た目、年代の割に
きれいだという印象でしたが、
ベルトだけでなく、ケースの
中身まで洗浄すると
ここまで汚れ、落ちるんですねぇ…!

あとは…

ケースの傷を消していきます。

久しぶりのRADO製なので
気合を入れて、まずは
棒やすりを使って、できる限り
深い傷も消していきたい!

明日も引き続き、ケースを
研磨する予定です。

当然ながら医療に関係のない個人が購入する場合は

田村 ベルトスリング Zタイプ 4E 100×6.0 ZE1000600【直送品】サカエ ニューパールワゴン・中量タイプ PMR-151M2ANUN

今日の、S2000彫刻制作です。

引き続き、車庫の制作です。

内装の、変性シリコーンですが
昨日も追加で塗布したので、
今日も一日、乾かさないと。

ということで…

土台とふたを連結させる
ボルト穴を開けたり…

土台に底板をつけたり。

彫刻を取り付けるための
ボルトを回す穴も設けました。

完成したら、塞いじゃいますけど。

明日には、変成シリコーンも
さらっとした状態に
なるんじゃないかと!

そうしたら、最終的なサイズや
位置合わせをして、塗装です。

あああ、先週中に塗装に
入りたかったのに、やっぱり
遅れてしまった…。

本当にいつも、すみません…。

なおhideの命日にあたる本日5月2日には OSG ハイスラフィングエンドミル WH−RESF Φ30 8408830 WH-RESF-30 ( WHRESF30 )KHK 小原歯車工業 MMSG4-20LJ32 歯研スパイラルマイタ Jシリーズ

午後になったら
2階に遊びに来た
くろねえさん。

しばらく、みんなで一緒に
ごろごろして…
お帰りですか?

しろくろさん、なぜだか
振り向かれると
固まっちゃうんですよね。

だるまさんが転んだ、を
やってるみたいで
面白いです。

できれば(飲酒を)控えてほしい」と眉を吊り上げる女性も存在します0巻ではヒッタイト国の王子・イズミルの秘話が描き下ろされる

なお「楽園」は10月18日より全国で公開される

ジャージで過ごせ」と言われたらイヤですよね 日立 グローブバルブ汎用10K 2 HM10KFG-50A
シゲマツ 直結式小型全面形防毒マスク GM166マキタ ダイヤモンドホイール セグメント4109S用 230mm A-31170(代引不可)ユタカメイク:オーダー簡易間仕切りシート 防炎・静電 厚み0.3mm×幅240cm×高さ205cm

今日の、RADO四角時計
修復です。

昨日、風防の外側が
磨いたことで、どうやら
中身に結構な汚れが
たまっていることがわかりました。

なので今日は、ケースを
分解してみようと思うんです。

どうやら、この時計は…

マイナスドライバーで
ねじを4本外せば、
裏ぶたが取れそう。

しかも…

竜頭が出ている穴が、○ではなく
U型なんですよね。

なので、竜頭を外さなくても
上方向にムーブメントを
引っ張り出せそうな予感…?


試しにやってみたら…

おおお、大成功!

ケースとムーブメントの
分離ができたので、文字盤も
風防の裏側も、きれいに
掃除できそうだ!

ケースには、錆が浮いてますが
磨けば落とせそうですね!


でも、残念ながら…

文字盤は…。

縁の、埃が堆積している
かのように見える部分、
埃ではありません。

どうやら、文字盤自体が
表面の塗装を巻き込んだまま
縁から錆びてきてしまっる
みたいです。

なので、磨いても
中央付近のような
きれいな青色は
戻ってきそうにありません。

再塗装するのも
難しそうかなぁ…?


このままでも、年季を感じる
いい雰囲気ではありますが、
改善できるようないい方法がないか
ちょっと考えてみようと思います!